鰻の清水家さん

金曜日、土曜日と慌ただしくも充実した二日間を過ごしまして、
本日は のんびりと まず仕事から。

昨日までいつしょに講道館杯へ行っていた「つっちゃ」の学校へ、ウインドブレーカーの納品です。

おそろいのウインドブレーカーを着て、柔道部の子供たち喜んでいました。

純粋です・・・。

たぶん強くなります。!


その後、本日のメインイベント!!!


つっちゃ の学校の近くにあります 鰻の「清水家」さんへ行ってきました。

d0200447_2249248.jpg



清水家さんの前までは何度か行った事はありますが、鰻を食べたのは初めてです。

何故かと言うと・・・・


いつも超満員だからです。

なので今日は つっちゃ と事前に計画をして、開店早々午前11時10分に御入店です。

しかし、約60席ぐらいある席はすでに半分ほど埋まっていまして、11時20分ごろには満席です。

うな丼・うな重とありますが、今回はうな重を選択。

うな重は大きさによって値段が三段階に分かれています。

つっちゃと私は「中」¥2,625- 肝吸い付を選択。

さらに私 大盛り+¥105- 合計¥2,730-(税込)
待つこと30分

d0200447_22511686.jpg


来ました。


蓋をあけると微かに備長の香りが。

まず吸い物をいただきます。

絶品!
つづいて鰻へと箸を運びます。

備長の香ばしい味が口いっぱいにひろがります。

味付は「甘からず辛らからずやや薄め」 個人的な感想です。

身は「ふっくら肉厚」で素材の味がしっかり生きていました。


流石です・・・・。☆☆☆
美味しく頂きました。

ありがとうございました。



美味しい顔の つっちゃ です。

d0200447_22523121.jpg



その後午後からは、母校の「浜松商業高校柔道部」へ顔を出しました。

監督の船越先生みずから子供たちの為に今朝収穫したばかりの「ミカン」と、我々OBの為に用意してくれた「ギンナン」をいただきました。


d0200447_238197.jpg

d0200447_2391128.jpg


ありがとうございました。



秋だな~~!


徒然なるままに・・・




追伸




d0200447_23282160.jpg


先日「キットカット」のところで紹介した「マー君」ですが、本人より

「僕は(マー君)じゃなく、(マーちゃん)もしくは(つっ君)です。」

と、お叱りの連絡をいただきました。




また、彼の御友人の「ピーピ」様より

「奴は(ツータン)です。!」

と言う御意見も頂きました。





私としても彼たちの意見を尊重したく、されど一つに絞り込まなければ逝けないと思い、厳正に思案した結果

「ツータン」
に訂正し変更する事としましたので、よろしくお願いします。









ツータンです。

d0200447_23105717.jpg

[PR]
# by yawarasyokunin | 2010-11-21 23:16 | 浜松うなぎ

平成22年度 柔道講道館杯

d0200447_125253.jpg

d0200447_125268.jpg

これと言って何のセレモニーも無く、試合は淡々と始まりました。


第2試合場 女子-78Kg級 第2試合


古木里香 選手(名城大学)


第1試合が速攻で終わった為か、両選手なかなか姿を見せず。


イラつく主審&副審。


古木里香選手 登場!

相手の選手 2回呼び出されるも現れず。

さすが、《ラッキーリカちゃん》


もしかして、不戦勝?


と思っていると、相手登場。


全般1分は両者様子伺い。
やや相手有利・・・

その後 徐々に攻め込まれ、1分30秒すぎ
相手《内股》により技ありを取られ、そのまま抑え込み。


根性で逃げる古木選手。


しかし開始2分30秒すぎ、払い巻き込みから又抑え込み。
今度はガッチリ。(>_<)


無情に鳴るブザー。

古木選手 初めての講道館杯は終了しました。



続いて第7試合目、兼子貴江選手(仙台大学)の登場です。


試合前 ベンチ・・・
気合みなぎる兼子選手。

しかし試合が始まると掛逃げ気味ながらも相手のペース。

兼子選手に《指導》。

2分過ぎ、兼子選手起死回生の《内股》

ひいきめながら、私のジャッジは《技あり》

されど審判は《有効》


そのまま抑え込み。(≧∇≦)


「動くなバカヤロー!」

トミーの声援虚しく逃げられ「まて!」

その後も相手、掛からない技のオンパレード。

3分過ぎ、兼子選手に2回目の《指導》

ポイントで並ばれる。

その後、一進一退。
ゴールデンも頭を過る残り30秒、崩れ気味に内股を仕掛けた兼子選手、押し込まれて腹這い・・・

主審思い止まるも、両副審《有効》

そのまま終了のブザー。




試合後両選手が挨拶に来てくれました。

昨日のblogでもUPした通り、
「この大きな大会に出られた事を楽しめればいいんたよ。」
と声を掛ける私。


まだ試合が終わったばかりで落ち込んでいる兼子選手に、

「ところで、お前進路どうするの?」

と、行きなり現実に引き込むトミー。

でも、そこがトミーのイイトコロ。(^O^)


古木選手は名城大学のエースとして、
兼子選手は仙台大学のキャプテンとして、この経験を生かして頑張って欲しいですね。


穴井選手(ミキハウス)の応援で、OGの鈴木紀妙さんも来てました。
[PR]
# by yawarasyokunin | 2010-11-20 12:05

銀座のこい〜の物語

d0200447_1245070.jpg

d0200447_1245074.jpg

d0200447_1245084.jpg

d0200447_1245042.jpg

明日11月20日から千葉の ポートアリーナにて、柔道《講道館杯》が2日間の日程で執り行われます。


我が母校 浜松商業高校 出身のOGも二名出場します。


-78Kg級
兼子貴江さん(仙台大学)
古木里香さん(名城大学)

二人には、このような大きな大会に出場出来る悦びを、目一杯楽しんで欲しいと思います。



と言う訳で、私も応援の為、東京へ前日泊です。!(^O^)


メンバーは、ツッチャ&トミーです。!

東京駅から有楽町に出て築地まで徒歩で・・・


銀座です。

「上を見ながら歩くのは、田舎者だぞ!」

と言いながら、ついついキョロキョロしながら、上を向いて歩いてしまう 私とツッチャ です。


トミーは余裕です。
浜松と違って、外人さんもワールドワイドです。


駅前でパソコンのイベントをやっていました。

ロボット の格好をしていたお姉ちゃん、不気味でした。



築地では《海鮮丼》を食べたいと思っていましたが、気が変わりまして、お刺身とマグロづくしの《お寿司》をいただきました。


場所は《すしづくし本店》

有名店のようです。

来店時にはスグに入れましたが、帰る時にはお客さんが並んでました。


マグロは口の中で「とろける様」に美味しかったです。


マグロにうるさいトミーも納得です。


お刺身とお寿司とお酒を少々たしなんで、一人¥4,000-
安いですよね!(^O^)

お客さんが並ぶのも頷けます。



その後、


今年《沖縄インターハイ》にて、見事全国3位の選手を育てたトミーのルーツを辿ろうと、彼が教員になる前、東京で働いていた時に住んでいた 月島 へ。


月島と言えば《モンジャ焼》

やっつけました。(*^o^*)・・・


美味しかったです。

美味しい顔のツッチャ&トミー

写真 撮りました。



この二人、考えてみれば 静岡県の女子柔道界 にしてみれば、すごいツーショットですよね!





如何ですか、


ホントに濃い(こい〜)夜でした。



徒然なるままに・・・
[PR]
# by yawarasyokunin | 2010-11-20 01:24

わさび味のキットカット

本日、納品等で母校の浜松商業高校柔道部にお邪魔いたしました。


教育実習で来ているOBで日本体育大学の木下あっちゃんが明日で最後なので、明日顔を出せない私は

「御苦労さま。」

を言ってきました。

彼がキャプテンの時の浜商柔道部は強かったですね。

そんな彼が一生懸命後輩を指導していました。

確実に時は流れていますね。




練習が終了してしばらくすると、一年在学中のけが人息子を迎えに後輩のマー君が来ました。

マー君は手に何かを持ってニコニコして道場に入ってきましたね。

よく見ると静岡限定発売のわさび味のキットカット・・・・


女子部の子たちへのお土産です。


「そんなにまでして、女子高生から人気をあつめたいかねぇ~。」

とひやかすと、少し顔を赤らめてほっぺたをふくらましてすねていました。

マー君は、とってもお茶目です。


そんなかわいい後輩のマー君はこの人です。










d0200447_2392495.jpg





徒然なるままに・・・
[PR]
# by yawarasyokunin | 2010-11-18 23:12 | 柔道
つれづれなるまゝに、日くらし、 硯(すずり)にむかひて、心に移りゆくよしなし事を、 そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。



歳を重ねて
オッサンになってきますと、
日々の慌ただしい生活の中で
こんな文節がなんとなく心に沁みてくるのは私だけでしょうか。?



「つれづれなるままに」とは、「なにもする事がなくて暇な時」みたいな意味だそうです。

そんな時にいろいろな思いや感じた事を日記として書き記したのが随筆
《徒然草》だそうです。
(もっと奥は深いと思いますが・・・)

コレって今で言う「blog?」
そこで私も日々のほんの少しの「つれづれなるまま」の時間を書き記してみようかなと思います。

宜しいですよね!

「吉田兼好」さん。!
[PR]
# by yawarasyokunin | 2010-11-18 01:33

柔道と徒然な時のグルメな旅日記


by 柔職人