うなぎのコジマヤ幸店

みなさん、御存知でしたか。

「柔職人の徒然日記」は柔道とグルメな旅日記なんですよ。






思えばこのブロブを始めるキッカケも、浜松と言う土地に住んでいながら

「俺、あんまり鰻屋さんの事について、よく知らないよなぁ~。」

と、ある県外の方から鰻屋さんの事を聞かれた時にふと思ったからです。




いままでも鰻が大好物な私は、何軒かのお店には行った事があります。


でも、ほとんど決まったお店です。


たぶん、浜松には100件以上の鰻専門店があると思います。


鰻を扱っているお店となると、200件を裕に超えるのではないでしょうか。




また、浜松は地理的にも関東(東京)と関西(大阪)の中心にあると言う事で、食も関東風と関西風が両方楽しめる特徴があります。

とうぜん、鰻もその例外ではありません。



関東風は、

一度、皮の方から素焼きした後、せいろで蒸してからタレをつけて再び焼くため時間がかかります。

ふっくら柔らかいのが特徴です。



関西風は、

丸ごと1尾を金串で刺し、そのまま蒸さずにタレをつけて直火で焼きます。

香ばしくて表面がパリッとしているのがとくちょうです。





いままで、何の気なしに食べていた鰻でしたが、このブログによりもっと色々なお店で、楽しみながら味わっていけるのではないかとワクワクしています。




そこで、今回お邪魔いたしましたのは、有名店です「うなぎのコジマヤ幸店」さんです。

d0200447_16383487.jpg


場所は、浜松市中区幸1丁目です。


今回はツータンと一緒にお邪魔しました。

d0200447_1626118.jpg


席は1階と2階、約50席ほどです。


メニューは色々あります。


平日は、お得なランチもあるようです。



ちょっと欲張りな私とツータンは二段重¥3,150-を御注文です。


鰻が来るまでの間、二人でこのブログについての戦略会議です。


ツータンは、一生懸命メモまでとって、今後のキャラクター作りに余念がありません。


d0200447_16273932.jpg


そうこうしている間に、


来ました・・・

d0200447_16282113.jpg


蓋をあけたときの何とも言えない香り。


少し感動の余韻を残しながら、お吸い物を頂きます。


おいしい鰻屋さんは「うなぎ」が美味しいのはもちろんですが、「お吸い物」や「ごはん」そして「お茶」も美味しいんですよね。


焼きは関東風


ふっくらしてます。


味は少し濃いめの甘からタレ(個人的な感想)


私の好きな味です。


ありがとうございます。


美味しゅうございます。



デザートも付いて、食後にコーヒーのサービスもあります。


私もツータンも大満足でお店を後に致しました。





車に乗り込み


「ところでツータン、さっきのブログ戦略会議のメモは?」

「あ~、あれは商品券が当たるアンケートですよ。!」





徒然なるままに・・・
[PR]
by yawarasyokunin | 2010-11-28 16:32 | 浜松うなぎ

柔道と徒然な時のグルメな旅日記


by 柔職人