うなぎの川マス

本日、以前からのお約束、Tシャツやウインドブレーカーなどマークをお願いしている「ゼスト」の高崎さんと

「うなぎ」です。

近くて美味しいところと言う事で、今回は東区西塚町にあります

「川マス」さんです。(マスの字が出ません)

d0200447_20231386.jpg


ブログを初めてから初の「関西風」です。

12時半ごろの来店ですが、お客さんは我々と同時に入場のリーマン3人組のみです。


店内は、わりと狭目の20席ほどです。

座敷は予約席となっていたので、我々はカウンターです。

リーマン3人組は座敷です。


空いていた割には、時間が掛ります。

何故ならば、オーダーをした後から「ギギーギー」と、うなぎを裁く音が聞こえます。

うな重特上¥2,550- を注文です。

長めの串に丸ごと3~4ひき刺して、備長で焼き上げます。

何度となく秘伝のたれに潜らせます。


後ろではリーマン3人組が真剣に仕事の打合せです。


気がつけば、その後もお客様がチラホラと。


我々を含め12~13人ほど・・・


待つ事30分!

まず漬物と、吸い物がセットされます。

そして、待ちに待つたうなぎです。

d0200447_2024176.jpg


まず、吸い物をいただきます。

味は少し濃いめです。

つづいて、うなぎをいただきます。

味はやはり少し濃いめの甘辛味です。

触感は、外はパリパリ、中はふっくらと言う感じです。


さっきまで、激論のリーマンも静かになります。


長年注ぎ足しの歴史を感じさせる「たれのご飯」も、大変美味しゅうございます。

ごちそうさまでした。

ありがとうございました。




帰り道

「高崎さん、どうでした。?」

と、私

「ご飯が少し足りなかったなぁ~。」

「これじゃ~腹七分目だよ。」

と、高崎さん。

「がはは、それじゃ~高崎さんデブになっちゃいますよ。」

「おまえに言われたかないよ!!」



徒然なるままに・・・


追伸

グルメな話題がつづいてますが、お待たせいたしました。

明日から、どっぷり柔道です。






 
[PR]
by yawarasyokunin | 2010-12-17 20:31 | 浜松うなぎ

柔道と徒然な時のグルメな旅日記


by 柔職人