柔道衣の規格が変わる?

d0200447_19285061.jpg

今回大阪へ来たのは、九櫻(早川繊維)さんへお邪魔して、社長さんにお会いし、今までの大会協力のお礼や、今後の営業活動について、更なる協力体制についてのお願いに行く事。


それと、もう一つの目的は、来るべき《平成23年》つまり来年度から使用される(テスト的に)新規格の柔道衣についての説明及び打合せです。


もうチラホラ噂にもなっている問題です。


直接ユーザー(選手)に関係してくる事としては、


ルール的に、丈の長さが長くなります。

腰骨から膝頭上にかけて3分の2程度の余裕のある長さであること。


柔道衣の襟、また帯が従来の物よりも柔らかくなる事です。

しかし、最大の変更は、
「従来から講道館柔道規格を適用しているが、規格をより厳格に尊重させ、柔道衣による選手の公平感を保つことに努めるものとする」


つまり、各メーカーが、同じ規格内容で柔道衣を作り、認定を受けていない柔道衣は、試合では着れなくなると言うことです。

ただし、まだ少年柔道や中学生など細かい所での調整が出来ていない事もあり、本格的な実施期限については明確には決まってないそうです。



以上、取り急ぎ、ご報告まで。


後30分位で浜松に着く 柔職人でした。


徒然なるままに・・・
[PR]
by yawarasyokunin | 2010-12-20 19:28 | 柔道

柔道と徒然な時のグルメな旅日記


by 柔職人